共同大学院

看護学研究科 共同看護学専攻 博士課程

設置の趣旨・特色

設置の趣旨

学校法人日本赤十字学園が運営する日本赤十字北海道看護大学、日本赤十字秋田看護大学、日本赤十字豊田看護大学、日本赤十字広島看護大学、日本赤十字九州国際看護大学の5大学は、それぞれに「共同看護学専攻」を設置しました。
この5専攻は共同して一つの教育課程を編成し、博士課程の教育・研究を実施します。
「共同看護学専攻」では、これまでに5大学が蓄積してきた教育・研究資源を一体的、有機的に機能させることにより、5大学の教育・研究を融合し、シナジー効果を発揮させ、看護学の「知の共同体」としての多様化、多層化した「共同教育課程」という新たな教育研究環境を学生に提供します。
学生は、専用回線で結ばれた遠隔教育システムを用いて、5大学の様々な経験をもつ多くの教員の多様な考えや発想に触れる機会が与えられ、学生個々のニーズや能力等に応じた専門領域の垣根を越えた「オーダーメイド」な教育・研究指導を受ける機会が保証されます。
「共同看護学専攻」は、看護の諸現象に関する研究成果の発展的活用に向けた教育・研究活動の一層の拡充を図り、「知の共同体」で得られた高度な実践知を基盤として、あらゆる看護現象に対してアプローチし、理論や実践方法の創造ができる教育・研究者、自立した研究と研究指導ができる研究者、知的複眼思考・論理的思考に基づき発展的に看護を実践できる実践者の養成を目指します。

特色

  • ● 学位は、共同教育課程を構成する5大学の連名により、授与されます。
  • ● 学生は、主指導教員が在籍する大学に学籍を置くことになります。
  • ● 学生は、5大学の施設等を利用することができます。
  • ● 学生は、学籍を置く大学以外の大学の副指導教員からも、研究指導が受けられます。
  • ● メディアを利用した遠隔授業により、各大学で開講する講義を、学籍を置く大学から受講することができます。
学位の名称 博士(看護学)
入学定員 2名
標準修業年限 3年
長期履修制度あり(詳しくはこちら)

教育理念・受入方針

教育理念

共同看護学選考の理念は、赤十字の理念である「人道(humanity)」の実現を目指し、いかなる場合でも一人ひとりの尊厳を守り、人々が有する平和と健康に生きる権利について看護を通して実現することです。さらに、高度な実践知を基盤として、自立した研究活動と研究指導ができる研究者、質の高い看護学の教育ができる教育者、知的複眼思考・論理的思考に基づき発展的に看護を実践できる人材を育成できるような教育を行うことを目指します。


教育目標

  • ① 研究者として、自立して研究活動を行うために必要な高度の研究能力を養う。
  • ② 知的な教養と柔軟性、先見性を兼ね備え、質の高い看護学の教育を行うための教育開発能力、教育能力、課題解決能力を養う。
  • ③ 臨床看護実践や教育の場において、リーダーとして活動するための俯瞰力と指導・調整力を養う。
  • ④ 国内外の保健・医療・福祉の分野で広く活躍できる能力を養う。


求める人材

  • ・保健・医療・福祉の専門知識を有し、さらに深く追及する意欲のある人
  • ・常に探究心をもち、赤十字の看護活動を担う意欲のある人
  • ・自らの活動範囲を拡げ、看護を発展させる意欲のある人
  • ・さまざまな分野の専門家とともに独創的な研究を志す人
  • ・社会での実践から得た知識と経験を体系化し変革する意欲のある人
  • ・国際的な視座で、国内外へ向けて広く成果を発信する意欲のある人
  • ・真摯に学び、高い倫理性と豊かな人間性をもつ指導者を志す人


養成する人材

5大学が共同し教育を行うことで教育の内部質保証・向上を図りながら、次のような人材を養成します。

  • ・質の高い看護学の教育および研究指導ができ、それぞれの地域で活躍できる人材
  • ・自立して研究活動を行うに必要な高度の研究能力および基礎となる豊かな学識を備え、看護学分野の研究をリードでき、それぞれの地域の看護研究・看護教育のリーダーとなる人材
  • ・医療施設等の臨床において看護の質を管理し、継続教育を実践でき、それぞれの地域の看護実践・看護教育のリーダーとなる人材
  • ・看護実践に対する倫理の構築、看護方法論の開発・創造ができ、看護実践のリーダーとなる人材
  • ・国内外の保健・医療・福祉の分野で創造的な活動ができ、それぞれの地域で保健・医療・福祉分野のリーダーとなる人材
  • ・未知なる健康課題の発生に対して迅速・的確に対応し、その成果を社会に還元できる人材
  • ・国内外における災害救護・災害看護を実践するための有用な理論構築ができ、国内外で人道的任務を果たせる人材


アドミッションポリシー

共同看護学専攻では、赤十字の理念である「人道(humanity)」のもとに、いかなる場合でも個人の尊厳を守り、人々が有する平和と健康に生きる権利について看護を通して実現する人材の育成を目指すため、入学者選抜試験を実施し、次のような資質と能力、意欲をもった人材を幅広く求めています。

  • ① 保健・医療・福祉の専門知識を有し、さらに深く追求する意欲のある人
  • ② 常に探求心をもち、赤十字の看護活動を担う意欲のある人
  • ③ 自らの活動範囲を拡げ、看護を発展させる意欲のある人
  • ④ さまざまな分野の専門家とともに、独創的な研究を志す人
  • ⑤ 社会での実践から得た知識と経験を体系化し変革する意欲のある人
  • ⑥ 国際的な視座で、国内外へ向けて広く成果を発信する意欲のある人
  • ⑦ 真摯に学び、高い倫理性と豊かな人間性をもつ指導者を志す人


カリキュラムポリシー

共同看護学専攻の設置の趣旨及び教育目標を達成するため、科目区分を設け必要な授業科目を配置するとともに、当該科目区分ごとに履修要件単位数を定め、体系的なコースワークによる教育課程を編成しています。

  • ① 看護学を導く理論を探求するとともに、高度な実践知を基盤とした理論を構築するための方法および研究方法を学修し、博士学位論文の作成に結びつけるために共通科目をおく。
  • ② 看護における知識や技術の検証、新たな理論や方法論の創設等、より高度な研究能力を身につけ、広範な健康問題や看護課題について実践的な研究を行うために専門科目をおく。
  • ③ 自らの研究テーマに関わる事例や先行研究を分析し、課題解決のための理論と方法論、技法について実証的に研究する手法を探究するために演習をおく。
  • ④ 博士学位論文作成に向け、専門領域の垣根を越え異なる専門性の観点から、実現可能な研究に向けての方向性を明確化するために合同研究ゼミナールをおく。
  • ⑤ 保健・医療・福祉の場で科学的視点を持ち教育・研究能力が発揮できる高度専門職業人に必要な研究能力の修得を目指すため特別研究をおく。


ディプロマポリシー

修了要件となる単位を取得するとともに、博士論文の審査及び最終試験に合格し、次の条件を満たすものに博士(看護学)の学位を授与します。

  • ① 看護学において、高度な専門的業務に従事する上で必要な学識・技術・応用力に基づいて、自立的な研究活動を担える能力を有している。
  • ② 高度な専門性と倫理観を有した、実践者、指導者、管理者、教育者、研究者として、多角的なリーダーシップを発揮できる資質と力量を有している。


教育方法

教育方法

本共同看護学専攻では、対面での集団教育および個人指導の教育方法に加えて、日本赤十字学園専用のひかり回線で結ぶ遠隔教育システムを活用した特徴的な教育方法を用います。同システムの品質の高い映像・音声によって、通常の対面授業とほぼ同様なリアルタイムの双方向授業が5大学間で可能となります。
学生の皆さんに、5大学の強みを生かした教育の場を設定するとともに、移動にかかる身体的・経済的な負担を軽減できるよう努めています。
また、社会人学生の受け入れに関しては、長期履修制度を設けたり、夜間開講などの時間割の配慮を行います。


遠隔授業のイメージ

日本赤十字学園専用の遠隔教育システム(ハイビジョン画像・高音質・双方向・リアルタイム)で、5大学の担当教員から同時に多様な教育・研究指導を受けられます。例えば、九州に在籍していても、遠隔授業で北海道の講義を受けることができます。もちろん、直接、北海道で受講することも可能です。



教育方法の特例

共同看護学専攻では、実務経験を有する有識者などの社会人を受け容れる場合の教育上の配慮として、大学院設置基準第14条(教育方法の特例)による教育を実施しています。適用が認められた場合には、以下の①~③の履修指導及び研究指導の方法を実施することができます。適用を希望する者は、事前面接の際に、研究指導を希望する教員に申し出てください。

  • ① 授業は、基本的に夜間及び土曜日に開講します。長期休業期間などに開講し、単位修得のための便宜を図ります。
  • ② 研究指導及び論文作成指導も上記と同様に便宜を図ります。必要に応じ、多様なメディアを利用して指導します。
  • ③ 授業科目、履修方法、履修指導、研究指導、修了要件等は、一般学生と同様です。履修計画の指導にあたり、講義・演習・研究指導等については、必要な場合、集中的に開講します。

3年間の教育・研究スケジュール

3年間の教育・研究スケジュール



教育課程等の概要

教員紹介

本田多美枝 教授

キャリア各期の特性に応じた人材開発の方法、リフレクションを活用した看護職の実践力開発の方法論、熟達化に関する看護モデル開発に焦点を当てた研究指導を行います。

姫野稔子 教授

老年期にある対象者の倫理的問題、看護介入の効果の測定ならびに看護介入モデルの開発に関する研究指導を行います。

小林裕美 教授

地域で療養する終末期の人を看取る家族に対する看護支援モデルや 教育支援モデルの開発に関する研究指導を行います。

髙橋清美 教授

精神科領域における口腔ケアシステムに関する研究、地域におけるうつ病教育に関する研究指導を行います。

博士課程 大学院生の声 ※クリックで展開

大釜 瑛美

共同看護学専攻

阿部 オリエさん

取り組んでいる研究のテーマ

看護基礎教育における大学生の臨床判断力を高めるにはどうしたらよいのかという問題・関心の基研究に取り組んでいます。学生自身の臨床判断力を高めるには、特に、実習という教育の場で、どのような教育を行うかが重要であると考えています。その際、実習指導者である看護師からの指導が欠かせないと考えており、現在、実習指導者が学生の臨床判断力をどのようにとらえ指導を行っているかを明らかにすることがテーマです。

大学院入学を決意したきっかけは?

大学に助手として入職した当初より、博士課程も含めた大学院への進学を考えていました。博士課程への進学にあたり、いくつか進学先を考慮していましたが、指導体制を鑑みて、自分の探求したい研究がやれること、看護教育学や看護における教育について体系づけて学べること、さらに、赤十字の共同大学院ということもあり、ここがBESTと判断し受験しました。

今、どのような勉強をしていますか?

研究計画書を書くために、もがきながら試行錯誤しています。研究計画を作成するにあたっての、哲学的背景、課題の設定、研究方法などを含めて勉強していますが、遅々として進まずといった状況です。時には前進し、時には停滞・後退しながら、探求しているところです。が、日々の実践が全て研究につながっている気もしますので、役割・業務が学びです。楽ではないですが楽しいです。

博士号取得後の夢は?

夢・・・というか、自分にとって、博士号取得は現実的なことです。大学教員になって十数年が経ちますが、博士号取得は、あくまでも通過点であって、看護における人材育成、赤十字も含めた看護の教育などに、少しでも公に貢献できるようになれたらいいな・・・という期待があるくらいです。

山下 恵李圭さん

共同看護学専攻

矢野 真理さん

取り組んでいる研究のテーマ

超高齢者の在宅医療への支援に対する熟練看護師の臨床判断について大学院の授業では、専攻分野・臨床経験が様々な同級生や先生方とともにディスカッションを行い、多くの刺激を受けています。そして、学部以上に多様な視点や自ら学びの一つ一つを深めていく力を身につけていっていることを実感しています。

大学院入学を決意したきっかけは?

修士課程で、3人の熟練看護師の超高齢者や家族に対する臨床判断や支援状況について研究をしました。博士課程ではこの研究内容を深め、超高齢者のend‐of‐life careに貢献できる熟練看護師の臨床判断をモデル化したいと考えています。その為に、研究環境に恵まれている当大学院で研究を継続すれば、さらに発展できると考えました。

今、どのような勉強をしていますか?

博士課程一年目は主に単位取得の為の講義を受講しています。5大学の共同大学院であるため、様々な領域の先生方の考え方に触れることが出来ます。修士課程では得られなかった研究方法論や理論構築の方法など、さらに知見を深める勉強になっていると思います。本学では、他大学の学生とTV会議システムを使ったディスカッションを通して様々な刺激を受けることができます。さらに研究論文について、先生方とのゼミを通し、修士課程以上に英語論文のクリティークや先行研究のレビューをしっかり行い、世界でどのような研究が行われているか、日本との違いについて把握する努力をしています。

博士号取得後の夢は?

看護教育機関もしくは臨床現場において、老年看護学もしくは在宅看護学の領域で今回研究している熟練看護師の臨床判断のモデルを活用し、一人でも多くの高齢者が尊厳ある終焉を迎えられるよう、看護師教育に貢献することです。