教育理念・受入方針

教育理念・受入方針

教育理念

人間の尊厳を基調として、多様な健康ニーズに対応できる高度な専門性を追究することを教育理念としています。

大学院の目的

本学修士課程は、建学の精神である赤十字の理想とする人道的任務の達成を図るため、看護に関する学術の中心として、広く看護の実践と教育・研究に関する理論と専門技術を教授研究し、深い学識及び卓越した感性と人間性を備えた高度な看護専門職の育成を図り、看護学の発展とともに世界の人々の健康と福祉の向上と豊かな生活の創造に寄与することを目的としています。

教育目標

赤十字の人道の理念を基調に、多様な健康ニーズを学際的に研究し、国内外の保健・医療・福祉に関連した社会的ニーズに対応する理論と技術を創出・実践する看護分野の専門家を育成することを教育目標としています。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

本学修士課程はこのような人を求めています。

  • 人間の尊厳と権利を擁護する倫理観を有する人
  • 基礎学力と専攻領域の基礎的知識を身につけている人
  • 看護・保健専門職として研究する基礎的能力を有する人
  • 主体的に国内外の健康問題について学び、多職種と協働して社会に貢献する態度を有する人

カリキュラムポリシー

日本赤十字九州国際看護大学大学院看護学研究科修士課程は、その掲げる教育理念および教育目的・目標を達成するために研究・教育者を目指す「保健コース」と「看護コース」、高度実践看護師を目指す「CNSコース」、助産師国家試験受験資格取得を目指す「助産教育コース」を設置し、保健学・看護学の研究者、教育者、実践者の養成を目指しています。 修士課程の教育目標を達成するために以下の方針に基づき教育課程を編成し、実施します。

【修士(保健学)】
  1. 人間の尊厳と権利を擁護する倫理観をそなえた保健専門職として課題を探究するために、学習の基盤となる共通科目を置いています。
  2. 多様でグローバルな健康課題を学際的な視点から捉え、各領域における専門性の発展・深化を目指すために専門科目を置いています。
  3. 保健学の発展に貢献する研究に取り組むために、様々な研究方法を段階的・構造的に学べる研究科目を置き、科目間で連携を図りながら授業を運営します。
  4. 保健専門職として研究の成果を社会に還元するために特別研究を課しています。
  5. 研究者・教育者を目指す者、高度実践看護師を目指す者、助産師国家試験受験資格取得を目指す者という多様な目的を有する学修者が領域を横断して学問を探究できるよう合同で演習を実施します。
  6. 専門領域を超え、リベラルアーツ、保健医学系の教員による総合的な研究指導体制をとることで大学院生の自律的・学際的な学びを支援します。
【修士(看護学)】
  1. 人間の尊厳と権利を擁護する倫理観をそなえた看護専門職として課題を探究するために、学習の基盤となる共通科目を置いています。
  2. 多様でグローバルな健康課題を学際的な視点から捉え、各領域における専門性の発展・深化を目指すために専門科目を置いています。
  3. 看護学の発展に貢献する研究に取り組むために、様々な研究方法を段階的・構造的に学べる研究科目を置き、科目間で連携を図りながら授業を運営します。
  4. 看護専門職として研究の成果を社会に還元するために特別研究を課しています。
  5. 研究者・教育者を目指す者、高度実践看護師を目指す者、助産師国家試験受験資格取得を目指す者という多様な目的を有する学修者が領域を横断して学問を探究できるよう合同で演習を実施します。
  6. 看護の専門領域を超え、リベラルアーツ、保健医学系の教員による総合的な研究指導体制をとることで大学院生の自律的・学際的な学びを支援します。
「CNSコース」は【修士(看護学)】の1~6に加え、以下の教育課程を編成し、実施します。
  1. 卓越した看護実践能力を育成するために、それぞれの専門看護師資格認定に必要な科目を置いています。
  2. 専門看護分野のケアの質改善に向けた課題を探究するために、文献クリティーク演習および課題研究を課しています。
「助産教育コース」は【修士(看護学)】の1~6に加え、以下の教育課程を編成し、実施します。
  1. 妊娠・分娩・産褥・新生児期が安全に経過するための実践能力を育成するために、助産師国家試験受験資格取得に必要な科目を置いています。
  2. 助産分野の実践現場における課題を探究するために、文献クリティーク演習および課題研究を課しています。

ディプロマポリシー

本学修士課程に所定の期間在学し、研究科の修了要件となる単位数を修得するとともに、学位論文の審査および最終試験に合格し、以下の要件を満たす者に修士の学位を授与します。

【修士(保健学)】
  1. 人間の尊厳と権利を擁護する倫理観をそなえた保健専門職として課題を探究する能力を有している。
  2. 多様でグローバルな健康課題を学際的な視点から捉える能力を有している。
  3. 保健学の発展に貢献する研究に取り組む能力を有している。
  4. 保健専門職として研究の成果を社会に還元する能力を有している。
  5. 保健医療福祉に関連した社会的ニーズに的確に対応するために、多職種と協働し、保健専門職としての役割を発揮する能力を有している。
  6. 国内外の保健医療システムの改善を提案できる能力を有している。
【修士(看護学)】
  1. 人間の尊厳と権利を擁護する倫理観をそなえた看護専門職として課題を探究する能力を有している。
  2. 多様でグローバルな健康課題を学際的な視点から捉える能力を有している。
  3. 看護学の発展に貢献する研究に取り組む能力を有している。
  4. 看護専門職として研究の成果を社会に還元する能力を有している。
  5. 保健医療福祉に関連した社会的ニーズに的確に対応するために、多職種と協働し、看護専門職としての役割を発揮する能力を有している。
「CNSコース」は1~5に加え、以下の要件を求めます。
  1. 専門看護分野において、卓越した看護実践能力を有している。
  2. 専門看護分野において、ケアの質を評価し、ケアの質改善に向けた取り組みができる能力を有している。
「助産教育コース」は1~5に加え、以下の要件を求めます。
  1. 人の一生における性と生殖をめぐる健康・権利を守る援助ができる能力を有している。
  2. 妊娠・分娩・産褥・新生児期が安全に経過するように、根拠に基づいて助産ケアを実践できる能力を有している。
  3. 助産管理の視点を持ち、地域の社会資源の活用や多職種との連携ができる能力を有している。

アセスメントポリシー

本大学院では、以下の評価を行い、教育・研究の質向上にむけて組織的に取り組んでいます。

  1. 大学院生の単位修得状況や研究活動の評価
  2. 授業評価
    各科目の授業評価と、各セメスター終了時には全科目を総括した「大学院生による授業評価」を実施しています。これらの結果をもとに、全学的に授業改善に努めています。
    大学院授業評価に対する教員からのコメントは、こちら
  3. カリキュラム評価は、セメスター毎に認識された問題点や成果を教員間で共有し協議することによって行い、次年度の計画に生かす(形成的評価)。原則として4年毎に、毎年の教育実践評価に加え、学生による評価、卒業生および就職先等の第3者による評価を取り入れて、カリキュラムの総括評価を行う。