教育理念・受入方針

教育理念・受入方針

教育理念

本大学院は、人間の尊厳を基調として、多様な健康ニーズに対応できる高度な専門性を追究することを教育の理念としています。

大学院の目的

本大学院は、建学の精神である赤十字の理想とする人道的任務の達成を図るため、看護に関する学術の中心として、広く看護の実践と教育・研究に関する理論と専門技術を教授研究し、深い学識及び卓越した感性と人間性を備えた高度な看護専門職の育成を図り、看護学の発展とともに世界の人々の健康と福祉の向上と豊かな生活の創造に寄与することを目的としています。

教育目標

本大学院は、赤十字の人道の理念を基調に、多様な健康ニーズを学際的に研究し、国内外の保健・医療・福祉に関連した社会的ニーズに対応する理論と技術を創出・実践する看護分野の専門家を育成することを教育目標としています。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

本大学院はこのような人を求めています。

  • 日々の実践の中にある疑問・問題を理論的・学際的見地から研究する意欲がある人
  • 看護の専門的知識・実践力を自ら発展させる意思を有する人
  • 国内外の社会状況の変化や健康問題について取り組み、地域社会や国際社会に貢献する意思を有する人

カリキュラムポリシー

日本赤十字九州国際看護大学大学院看護学研究科は、その掲げる教育理念および教育目的を達成するために、保健と看護の2つの特別研究コースを設置し、高度な保健学・看護学の実践者、教育者、研究者の養成をめざしています。併せて複雑多様化する産科領域の問題を解決することができる助産師を養成するために、助産師国家試験受験資格取得に必要な教育科目を設けています。

  1. 赤十字の人道の理念を基調に、多様な健康ニーズを学際的に研究するために、保健と看護の両コースにおける学修の基盤となる共通必修科目と共通選択科目を設けています。
  2. 共通必修科目は、グローバルな健康課題を研究するための基礎科目、研究を自律的に遂行するために必要となる基本的な科目、医療が抱える様々な問題に対応できる知識や方法を学ぶための科目を設定しています。
  3. 共通選択科目は、学部教育からの継続を反映する科目と、各専攻領域(分野)の発展・深化につながる科目が設定されているので、研究の基礎を再確認しながら段階的に学ぶとともに、保健師、看護師、助産師としての専門性を強化することができます。
  4. 専門科目については、それぞれの専門領域において将来教育や、研究に従事するときに求められる知識や技術を習得するのに必要な科目を設定しています。これに加えて、保健と看護のコースでは、演習・特別研究を、そして助産師国家試験受験資格取得予定者には演習・課題研究という科目を設定しています。これらの科目では、研究方法を修得し、それを踏まえて、学問的成果として修士論文が課せられています。
  5. 大学院生の自律的、学際的な学びを支援するために、既存の看護の専門領域を超えた、リベラルアーツ、保健医学系の教員による総合的な研究指導体制を整えています。

ディプロマポリシー

本学修士課程に所定の期間在学し、研究科の修了要件となる単位数を修得するとともに、学位論文審査及び最終試験に合格し、以下の要件を満たす者に修士の学位を授与します。

  1. 多様でグローバルな健康課題を幅広い視点から捉えることができる。
  2. 人間の尊厳と権利を擁護し、倫理観をもとに問題を探究することができる。
  3. 看護学の発展に寄与する研究に取り組むことができる。
  4. 保健・医療・福祉に関連した社会的ニーズに対応するなかで、看護職者としての役割を果たすことができる。

アセスメントポリシー

本大学院では、以下の評価を行い、教育・研究の質向上にむけて組織的に取り組んでいます。

  1. 大学院生の単位修得状況や研究活動の評価
  2. 授業評価
    各科目の授業評価と、各セメスター終了時には全科目を総括した「大学院生による授業評価」を実施しています。これらの結果をもとに、全学的に授業改善に努めています。
    大学院授業評価に対する教員からのコメントは、こちら
  3. カリキュラム評価は、セメスター毎に認識された問題点や成果を教員間で共有し協議することによって行い、次年度の計画に生かす(形成的評価)。原則として4年毎に、毎年の教育実践評価に加え、学生による評価、卒業生および就職先等の第3者による評価を取り入れて、カリキュラムの総括評価を行う。