教育理念・受入方針

教育理念・受入方針

教育理念

 本学は、赤十字の基本原則である人道に基づき、個人の尊厳を尊重する豊かな人間性を培い、広い知識と深い専門の学芸を授け、国内外の幅広い領域で、看護を主体的かつ創造的に実践し、人々の健康及び福祉の向上に貢献するための基礎的能力を育むことを教育理念とする。

教育目的

 本学は、建学の精神である赤十字の理想とする人道的任務の達成を図るため、看護に関する学術を中心として、広く知識を授け、深く専門の学術を教授、研究するとともに、知性、道徳および応用的能力を養い、もって国内外で活躍できる実践力をもった看護専門職の育成および看護学の発展に寄与することを目的とする。

教育目標

  1. 赤十字の人道理念を実践できる看護人材を育成する。
  2. 常に世界に関心を持ち、看護実践を通じて国際貢献できる能力を養う。
  3. 人格的成熟・自立を図り、他者との関係性を発展させることができる能力を培う。
  4. 事実を的確に判断し、問題を抽出し、創造的に解決できる能力を育む。
  5. 看護の基礎を踏まえ、科学的・倫理的判断に基づくケアを提供できる能力を養う。
  6. 社会的責任を自覚し、生涯学習し続け、他の専門職と協働活動し得る能力を養う。

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

本学の看護学部で学ぶ学生には、このような人を求める。

  1. 人間の尊厳と人権を大切にできる人
  2. 主体的、創造的に考え行動しようとする人
  3. 看護の基盤となる広い教養を学び専門的知識を身につけたい人
  4. 赤十字の理念を理解し国際的活動に関心を持っている人

カリキュラムポリシー(教育課程の編成・実施方針)

本学では、カリキュラムの編成・実施方針を以下のとおり定める。

  1. カリキュラムは赤十字の理念を基盤として、その編成の主要概念を「人間」「環境」「健康」「国際」「看護」の5つとし、科目区分は『リベラルアーツ・専門基礎科目』『専門科目』とする。
  2. 『リベラルアーツ・専門基礎科目』は、「人間」「環境」「健康」「国際」により構成し、もう一つの主要概念の「看護」と有機的に連携を保つ。
  3. 看護『専門科目』は、「看護の基盤」「看護の展開と応用」「看護の統合」に細分し、さらに看護学演習科目・実習科目についてはⅠ~Ⅴのレベルで段階的に学修をすすめる。
  4. 赤十字関連科目をはじめ『リベラルアーツ・専門基礎科目』、『専門科目』の多くの科目を通じて【人間の尊厳と権利を擁護する力】を育む。
  5. 初年次教育科目等によって、主体的・自立的学修スキルを身に付け、学年進行とともに【自己教育力】および【問題解決力】を段階的に育成する。
  6. 講義科目においては、知識を得ることにとどまらず、知識を活用する思考力の育成まで含めた授業として計画・実施し、【問題解決力】を強化する。この評価には多元的評価を用いる。
  7. 基礎力総合ゼミナール等の演習科目や看護学演習・実習科目におけるグループ討議や少人数での学びあいによって【チームで働く力】を強化する。
  8. 看護学およびその他諸学の知識を統合し、自らの看護実践力を向上させるとともに、グローバルな視点で将来の看護学の発展を思考する「看護の統合」科目を通じて【看護の専門性を探究する力】を育成する。

ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与に関する方針)

 本学では、次の能力を卒業までに身につけることを重視し、厳格な成績評価を行い、所定の単位を修得した学生に学士(看護学)を授与する。

1.人間の尊厳と権利を擁護する力

  1. 赤十字の人道の精神に則って、人間の尊厳と権利を擁護することができる。
  2. 人間の身体と精神と文化背景に関する十分な知識と共感的態度を以て、人間を総合的に理解しようと努めることができる。
  3. 異なる文化、価値観をもつ人々を尊重する態度を身につけている。
  4. 様々な状況の人々と共感的態度で接することができる。
  5. 人間の尊厳がおびやかされる国内外の災害等の非常事態において、最善の看護を実践するよう努めることができる。

2.自己教育力

  1. 置かれている状況の中で自分のすべきことを見出し、行動化するために自己学習を行うことができる。
  2. 新しい経験や学習の機会を得るために積極的に行動することができる。
  3. 見聞したことや行ったことを論理的に分析し、考察し、その結果を他者にも通じるよう表現することができる。
  4. ストレスに向き合って感情を安定させ、経験を成長につなぐことができる。
  5. 自分の行動や思考を内省し、自分の強みや達成に自信を持つとともに自分の弱みや失敗を認め、自分を受容することができる。

3.チームで働く力

  1. 他者と自己に違いがあることを前提として、多様性を魅力であると受けとめ、他者を理解しようとする態度を身につけている。
  2. 専門職集団の中で自分の果たし得る役割を理解し、集団の力の最大化に努めることができる。
  3. 自分とは異なる見方や意見を柔軟に受けとめて受容し、チームとして調和をはかることができる。

4.問題解決力

  1. 看護の対象となる人々が直面している課題を的確にとらえることができる。
  2. 課題解決に必要となる情報を国内外の広い範囲から探索し、得られた情報を吟味し、妥当性と信頼性のある情報を選んで看護実践に活用することができる。
  3. 看護の専門的知識と技術を柔軟に応用し、対象の特性や状況に応じて看護を実践できる。
  4. 実施した看護実践を評価し、その結果を正確に記録できる力を身につけている。

5.看護の専門性を探求する力

  1. 看護職の専門性と看護の希求すべき価値について思索し続けることができる。
  2. 日々の看護実践の中に課題を見出し、研究的取り組みによって看護の質の向上に努めることができる。
  3. 変容する社会に出現する問題を認識し、その性質を分析し、研究課題を見出すことができる。
  4. 新たな課題を解決するために、自ら学習を行うことができる。
  5. 専門職のひとりとして社会的責任を自覚し、生涯を通して自己の能力開発に努める必要性を認識している。

アセスメントポリシー

本学は、学士課程の教育の質を保証するために、以下の3つをアセスメントポリシーとする。

  1. 教育実践の評価は、多様な観点と手法を用いたセメスター毎の総合評価とその結果としての教育改善のサイクルに対して行うものとする。学修の質量の向上、具体的には、主体的学修の促進と学修時間の増加という目的を達成するために、シラバスの充実(授業計画、成績評価方法、自己学修への示唆等の情報の提示)、学生と教員双方からのインターアクションを可能にする授業活動の推進、多元的成績評価、などをどの程度行ったかを主たる基準とする。
  2. 学生の学修成果の評価は、ディプロマ・ポリシーの到達目標の達成度に対して行うものとする。卒業年度に履修する専門性の高い科目についてはディプロマ・ポリシーに準拠したルーブリック評価を用いて評価を実施する。尚、評価の結果は、ディプロマ・ポリシーの妥当性検証の資料とする。
  3. カリキュラム評価は、セメスター毎に認識された問題点や成果を教員間で共有し協議することによって行い、次年度の計画に生かす(形成的評価)。原則として4年毎に、毎年の教育実践評価に加え、学生による評価、卒業生および就職先等の第3者による評価を取り入れて、カリキュラムの総括評価を行う。