international_f60_main

国際看護実践研究センターについて

国際看護実践研究センターについて

日本赤十字九州国際看護大学は赤十字の人道精神に基づきグローバルな教育プログラムを有し、国内外で活躍できる看護師を養成する大学として設立されました。平成25年4月、本学そして赤十字の特徴でもある国際看護と災害看護の実践と研究を推進するために「国際看護実践研究センター」を開所いたしました。


本センターは、国際看護、赤十字、災害看護の教育・実践・研究を実施し、国際性豊かな看護学部生・院生を育成するとともに、海外との連携により国際看護の向上に寄与することを目的としています。

国際看護実践研究センターの活動の概要

  1. 国際社会に貢献できる人材の育成

    ~学部生・院生の国際(看護)経験の機会創出とその強化~

    • 留学生・教員の派遣および受け入れ(実習を含む)、事業の拡充(調整・管理を含む)
    • 海外協定校・協力機関の交流促進と協定連携の強化
  2. 赤十字教育・国際看護及び災害看護に関する教育・研究の拡充
  3. 国際協力・災害看護に関する研究推進
  4. 赤十字・国際・災害看護に関する国際研修、フォーラム、セミナー、講演会等の開催