キャンパスライフ

キャンパスライフ

ティーチング・アシスタント制度

学部の学生に対し、実験、実習、演習等の授業にかかわる教育補助業務を行うことをティーチング・アシスタントと言います。在学期間中に、現場で求められる指導力や教育者としてのセンスを磨いてほしいという配慮から、本学大学院生に学部の教育補助業務に従事する機会を提供しています。ただし、1ヶ月40時間程度、年間100時間を限度とします。研究指導教員と相談して、学務課へ応募してください。なお、時間給が支給されます。

ティーチング・アシスタント規程PDF

大学院生の声

本学で研究に励まれている院生の皆さんに、大学院進学のきっかけや将来の夢をうかがいました。

看護コース (広域看護 メンタルヘルスケア)

松尾 理恵さん

自分の成長の機会に

いまから18年前、いざというときに人の助けになりたいという気持ちから看護師を目指しました。看護基礎教育を受けた後に、15年看護師として病院で働きながら通信教育で大学卒業をしました。その後、現在は、主に精神障がい者に対する福祉サービス施設において、生活支援員として、生活訓練に従事する看護師をしています。大学院に入学してから、臨床実践と理論とが行ったり来たりする感覚に触れつつあります。自分が無知であることに気付くこともありますし、まだまだ気づいていない部分もたくさんあると思います。学び続けることや自分に向き合うことは辛く感じますが、頼れる先生方や仲間がいます。この貴重な大学院生活を楽しみながら、自分も成長していきたいと思います。

助産教育コース (助産教育)

藤井 亜瑚さん

広い視野をもつ助産師を目指して

私は、国籍や社会的背景などにとらわれず、すべての女性に対して、身体的にも精神的にも支援をすることができる助産師になりたいと思い、本学の学部を卒業後、大学院へ進学しました。大学院のカリキュラムでは、周産期の知識や技術だけでなく、周産期をとりまく法律や社会問題、海外の周産期の情勢や異なる文化について学ぶことができるため、広い視野で女性やその家族と関わる力が身に付きます。研究は難しく、経験や知識の未熟さを痛感することがありますが、先生方から細かな指導を受けることができます。また、院生とのディスカッションから新しい発見ができた時の達成感はとても大きいものです。残り一年、助産師を志す仲間と支え合い、私が目指す助産師になれるように学んでいきたいと思います。

助産教育コース (助産教育)

熊谷 かんなさん

充実した大学院生活

私は本学を卒業後、同大学院に進学しました。入学当初は新型コロナウイルス感染症の影響で対面での授業を行うことができませんでしたが、現在は感染対策を徹底した環境で知識や経験豊富な先生方の下、充実した大学院生活を送っています。その中でも、一年次の助産基礎実習や専門実習では、多くの母児やその家族と出会いその時の関わりを鮮明に思い出すことができるほど深く貴重な学びを得ることができ、私自身が大きく成長することができる有意義な時間を過ごすことができました。この経験を活かしながら周囲の方々への感謝の気持ちを忘れず、今後の残り少ない大学院での生活を実り多きものにしたいと思っています。

本学大学院では、大学院生の募集を行っています。

入試に関するお問い合わせ

  • 日本赤十字九州国際看護大学 入試広報課
  • 〒811-4157 宗像市アスティ1丁目1番地
  • 電話番号: 0940-35-7008(直通)
  • FAX番号: 0940-35-7021