研究科長挨拶

研究科長挨拶

 多様な専門性と豊富な経験を持つ教授陣が
   キャリア形成の一歩を全力で支援します

 本学は、世界文化遺産の宗像大社がある宗像市に位置しています。2007年に大学院修士課程を開設し、2009年には助産教育コースを、2018年には高度実践看護師課程(専門看護師コース)を新設しました。博士課程は、2016年に5つの赤十字看護大学が共同教育課程として開設し、博士課程を有する稀少な単科大学となりました。

 修士課程は、学部からの進学や社会人入学など様々なバックグラウンドの大学院生たちが、それぞれのキャリアデザインや夢の実現に向けて切磋琢磨しています。理論との統合により看護実践の知を確かなものとし、看護学や看護実践の場に貢献できる研究成果の創出を目指しています。このプロセスでは、専門分野ごとの指導に加え、他領域の専門的視点に基づいた指導も得られる等、研究が深化するための総合研究指導体制をとっています。また、職業と学業の両立を可能にするために、人的・物的環境調整を行い、大学院生個々の状況に即した指導・支援に努めています。

 博士課程は、看護学や社会の発展に寄与する高度な研究能力の獲得やアドバンスな学問の探究を志す大学院生が集っています。5大学の教授陣による遠隔講義、演習、研究指導は、TV会議システムやスマート会議システムを活用していますので、出席可能な場所で受講することができます。多様な専門性と豊富な研究指導経験を有する教授陣から指導を受けられることも魅力の1つです。

 人口の高齢化のみならず、科学の発展やAIの開発などの技術革新は目覚ましく、社会は複雑かつ多様化しています。Covid-19感染症拡大などニューノーマル時代の到来により、保健・医療・福祉にも大きな変革が求められています。一方で、不易流行も変わらず重要です。このような時勢にこそ柔軟に創造的に対応できるケアシステムの検討や看護の強みの再発見、実践知に貢献できる研究等に挑戦してみませんか?皆さんの大きな一歩を全力で支援いたします。

姫野 稔子
日本赤十字九州国際看護大学 大学院 研究科長