世界規模の危機の中、「ひとりを看る目、その目を世界へ」

 今こそ、「一人一人の命と尊厳を守る看護」を先導するあなたへ

 日本赤十字九州国際看護大学は、2007年4月に大学院看護学研究科修士課程を開設、赤十字の人道の理念を基調としたカリキュラムにより、超高齢社会、グローバル社会における人々の多様な生活や価値観、健康ニーズに対応するための高度な看護を追求し、新たな知の創造を通して世界の人々の健康と福祉の向上に寄与する人材を育成してきました。また、2016年からは、赤十字5大学と共同で博士課程を開設し、5大学の教育・研究を融合し、看護学の「知の共同体」のもと、独創性が高く社会的意義のある研究に果敢にチャレンジする人材の育成に取り組んでいます。

 今、世界規模で新型コロナウイルス感染症の猛威が広がる中、赤十字の人道理念のもとに創設された本研究科の使命は極めて大きいといえます。大学院での学びは、どのような状況にあっても「一人一人の命と尊厳を守る看護」を先導するリーダーとして必要な論理的思考、難局を乗り越えるための判断力と実行力、倫理的判断や価値形成を目指して頂きたい。本大学院における学びにより、いまだかつてない危機に直面している世界中の人々に看護を通じて尽力できる力と勇気を身につけて頂きたいと願っています。

 世界が直面している危機は一人では乗り越えることはできません。不確実で目まぐるしく変化が起こる中、つながりを感じることで前に進む勇気や力を生み出すことができます。種々の制約を強いられる日々が続きますが、年代も経験も異なる大学院生や教員との学術交流を通じて、新たな自分を発見し、変化する力や未来を冷静に看る目を養い、これからの社会を切り拓くことにチャレンジして下さい。

小松 浩子
日本赤十字九州国際看護大学 学長 兼 研究科長