取組みに関する各種方針

本学は、学校法人日本赤十字学園の第三次中期計画(2019~2023)の中で、以下の重点項目に取り組んでいます。これらは、大学運営の基本方針と取組みに関する各種方針に基づき、毎年の点検・評価を通じて達成状況等を確認しながら進めます。

最終更新日 2020年11月4日

大学運営の基本方針

人道の理念を基調とする教育・研究・実践

  1. 人道の理念に基づく特色ある教育
  2. 質の高い教育・研究の推進
  3. 国際及び地域社会との連携を強め、共に発展する大学の推進
  4. 合理的・適切な管理運営の実施

日本赤十字学園第3次中期計画に基づく主要な取組み

1.質の高い教育実践

  • 2022年度に学部新カリキュラム開始
  • AP事業の発展、学修者本位の教育推進
  • 研究成果の発信力の向上、CNSコースの多様化
  • 学生・教員の国際交流推進

2.ICTを活用した教育

  • アクティブ・ラーニングの推進
  • 図書館のIC化

3.学園大学間の連携を活かした運営

  • 学部における遠隔授業の推進
  • 他大学と大学運営に関する情報交換、連携・協働

4.地域社会との連携・社会貢献

  • 宗像市との連携の推進(福祉避難所指定)
  • 地域の保健医療、福祉関係者の研修推進

5.健全な経営基盤に立つ成長する大学

  • サテライトキャンパスの整備推進
  • 入試制度の点検・改善による適正な学生数確保
  • 各種補助事業への積極的応募、獲得

各種方針

マークをクリックすると、全文が開きます。