4つのポイント

日本赤十字九州国際看護大学で学ぶ4つのポイント

 明治23年に始まり120年以上の歴史と実績を有する日本赤十字社の看護師養成。その教育を支える精神は、赤十字の基本原則と一致しています。
赤十字は、あらゆる状況において人間の苦痛を予防し軽減するため、国際的・国内的に努力する。
赤十字の目的は、人間の生命と健康を守り、人間の尊厳を確保することにある。
この「人道」の精神を実現することが、赤十字の、唯一かつ絶対の使命です。この使命を最も直接的に実現する人材こそが看護師であり、日本赤十字社は多くのすぐれた看護師を生み出してきました。本学はその伝統を受け継ぎ、人道の精神に基づいて人々の安全と幸福を守る看護・保健の専門家を養成しています。

Point.1確かな実践力が身につく
カリキュラム

確かな実践力が身につくカリキュラム

 本学は、赤十字の基本原則である「人道」の理念を基盤にしたカリキュラムを通して、一つひとつの科目を着実に積み上げることで、「いつでも、どこでも、どんな状況にあっても、誰に対しても」看護を実践していく確かな力を育みます。

 本学は、看護学部看護学科を置く単科大学です。1学部1学科かつ1学年100名定員だからこそ、ゼミや実習での少人数構成によるきめ細かい指導が可能です。学生と教授陣の距離が近い環境で、質の高い教育を展開します。学生同士も同じ目標に向かって過ごす大切な仲間。アットホームなキャンパスで、切磋琢磨しながら4年間を過ごします。

Point.2赤十字のネットワークを
生かした学修・キャリア支援

赤十字のネットワークを生かした学修・キャリア支援

 本学は、世界191ヵ国に広がる国際赤十字の一機関として、そのスケールを生かした学修支援を行います。また、全国に病院・社会福祉施設を有する日本赤十字社の関連法人として、同社との連携によりキャリア支援体制も万全です。

 海外の赤十字看護大学との交流や海外研修での赤十字施設の視察など、世界中に拠点を持つ赤十字ならではの学修支援体制があります。また、日本赤十字社の関係団体であることから、全国の赤十字病院・社会福祉施設での実習や赤十字病院による合同就職セミナーの開催など、ネットワークを生かした学修・キャリア支援が整備されています。赤十字を通じて、国内外にたくさんのつながりを作っていくことができます。

Point.3国際人としての
スタートに向けた多様な舞台

国際人としてのスタートに向けた多様な舞台

 本学は、グローバル社会に対応できる看護人材の育成に力を入れています。英語をはじめとする語学の力はもちろん、国際人として必要な主体的にものごとに取り組む態度を、学生自らが養っていくための様々な舞台を用意しています。

 英語を使って会話をしたり論文を読んだりする力は、今後、海外だけでなく日本国内でも、あらゆる場面で必要となってくるでしょう。本学では、現在の自分の力に応じたコース選択により、英語力を磨くことができます。また、看護専門科目としての海外研修や、国内外の保健医療分野の専門家による講演を聞き見聞を広げる機会として、国際シンポジウムやランチョンミーティングなどを開催しています。

Point.4社会を知り
自らを知るためのボランティア

社会を知り自らを知るためのボランティア

 本学は、学生が学内外でのボランティア活動を通して、社会の身近な課題を発見し自ら解決する力を養えるようバックアップします。赤十字の一員として、その基本原則である「奉仕」の行動化を、大学全体で目指していきます。

   課外活動による体験は自己啓発の糧となり、新たな自分を発見する要素の1つとなります。本学では18のサークルが各々の目的をもって学内外で活動しており、災害時の救援、募金活動をはじめ、eco推進、地域社会への協力など、社会に貢献する活動にも積極的に参加しています。やさしさや思いやりの気持ちを行動化していくために、同じ志をもった仲間と「はじめの一歩」を踏みだせる環境が整っています。