カリキュラム

カリキュラム

国際看護コース

本学では、将来、国際協力・協働の分野において日本の看護職のリーダーとして活躍し、変容するグローバル社会、多文化共生社会に貢献できる人材を育成することを目的としたコースを設置しています。卒業後は、国際医療救援拠点病院などで勤務し、海外で災害救援や開発協力の仕事に就くことが期待されています。

1.履修科目

国際看護コースは、本学が定める卒業認定に必要な単位に加え、下表の選択科目を履修する必要があります。

リベラルアーツ・専門基礎科目 専門科目
  前期 後期 前期 後期
1年 赤十字活動Ⅰ ボランティア論
2年 英語Ⅲ 異文化間コミュニケーション疫学Ⅰ
3年 英語Ⅳ
国際開発論
ジェンダー論▲
医療人類学▲
赤十字活動Ⅱ
国際保健・看護Ⅱ  
4年   看護・医療英語 国際保健・看護Ⅲ 看護政策
看護教育

(▲…2科目から1科目以上、合計16単位)

国際保健・看護Ⅱは3年次前期に開講される科目です。
学内での講義・演習の他、開発途上国の保健・福祉の現場や赤十字・国際機関、日本のODA(政府開発援助)を訪問する海外研修を含みます。
国際保健・看護Ⅲは4年次前期に開講される科目です。自分でテーマを決め、企画・立案・実施する国内外のフィールド研修となります。
海外研修については、①国際保健・看護Ⅱの応用研修、②国際交流協定大学と実施する研修を含みます。

2.国際看護コース履修学生の選考

国際看護コースを希望する学生は選考試験に合格する必要があります。

  1. 定員
    20名程度
  2. 選考方法
    2年後期に国際看護コース選考のための筆記試験および面接試験を行うとともに、2年前期までの成績をもとに総合的に判断します。

3.国際看護コースの修了

国際看護コースの科目を履修し、単位を修得することによって、卒業時には学内認定の国際看護コース修了証を得ることができます。