教員紹介

石飛 マリコ

領域 メンタルヘルス領域
職位 准教授
E-mail m-ishitobi@jrckicn.ac.jp
取得学位 修士(看護学)
専門分野 精神看護学
研究テーマ 精神障がい者の地域生活支援
看護学生のコミュニケーション力向上に関する研究
所属学会名 日本看護協会
日本精神保健看護学会
日本看護研究学会
日本看護学教育学会
日本看護科学学会
STTI (Sigma Theta Tau International Honor Society of Nursing)
国際力動的心理療法学会
アメリカ精神看護学会(American Psychatric Nurses Association)
PASセルフケアセラピィ看護学会
研究業績
(著書)
看護学生のためのよくわかるBOOKs 看護学生のための疾患別看護過程 Vol.1 よくわかるBOOK、メヂカルフレンド社、pp.280-283  pp.284-287 pp.304-307  pp.324-327、東京、2011

コミュニケーションスキルの習得を目指した教育、日総研、看護人材育成11(6)東京、2015

事例で読み解く 対応に苦慮する人へのかかわり方、日総研、東京、2015

精神科リエゾンチームガイドブック―はじめ方からトラブル対応まで―,P.184-189,医歯薬出版,東京、2017
研究業績
(論文)
渡邊美保、緒方久美子、古賀佳代子、石飛マリコ、福田和美、山田小織、馬場みちえ、松尾ひとみ:実習指導者による看護学科卒業生の臨床実践能力の評価と教育上の課題、福岡大学医学紀要第39巻第3/4号、P.295-301、2012

石飛マリコ、金山正子、焼山和憲:看護系大学入学後の初期段階におけるコミュニケーションスキルを高める教育方法の検討―対話技法の効果に焦点をあててー、福岡大学医学紀要第40巻第1/2号、P.73-80 、 2013

石飛マリコ、越田美穂子、尾形由起子:高齢な親と同居している男性統合失調症患者が「自立」に向かうプロセス、日本看護研究学会雑誌、
36巻5号、P.13-24、2013

西村 桂子、福岡 竜太郎、山口 敏子、伊東 志津子、石飛 マリコ:精神科外来看護師に求められる看護技術とは : 患者へのインタビュー調査からみえてきたもの、日本看護学会論文集. 精神看護 46 P.165-168 2016
研究業績
(その他)
【講演】
熊本赤十字病院 平成30年度新人看護師研修「セルフエスティーム(自己信頼)」講師
2018年8月30日~31日

福岡県専任教員養成講習会 看護教育演習(専門領域別看護論 精神看護学) 講師
2018年8月22日

平成29年度大分市保育所等職員研修

【学会発表】
1.身体疾患を有し在宅療養を行う患者の抑うつ・不安予防を目的とした専門性の高い看護師による療養支援の評価に関する研究、宇佐美しおり、野末聖香、相澤和美、石飛マリコ、日本精神保健看護学会第27回学術集会、2017

2.The development of a self-care questionnaire among people with mental disorders for successful community living、Mariko ISHITOBI,Shiori USAMI,Shiho MIYAZAKI、APNA 30th Annual Conference,2016

3.身体疾患を有する患者の抑うつへの支援とその評価ー患者の自我機能の変化を軸にー、石飛マリコ,宇佐美しおり IADP第22回大会,P.48、 2016

4.統合失調症患者が母親との関わりで抱く葛藤、国際力動的心理療法学会第21回年次大会,P.48,2015

5.地域に住む女性統合失調症患者と老親のつきあいに関する研究、日本看護科学学会第35回学術集会, P.675,2015
社会活動 福岡県立精神医療センター太宰府病院 看護研究指導 2018年7月~2019年3月
PASセルフケアセラピィ看護学会 広報委員会 委員 2018年12月1日~2020年8月31日
第30回日本精神保健看護学会学術集会 執行委員 2018年12月3日~2020年6月14日
京築地区精神障害者地域支援関係会議委員(平成21年3月31日まで)
国際活動
その他