教員紹介

守山 正樹

領域 リベラルアーツ
職位 教授
E-mail ma-moriyama@jrckicn.ac.jp
取得学位 医学博士
Master of arts(Anthropology)
専門分野 公衆衛生学、国際地域保健学
研究テーマ 参加的ヘルスプロモーション
健康教育の手法開発
ナラティブなアクションリサーチ
所属学会名 日本健康教育学会(評議員1999~)、日本衛生学会(評議員1995~)、日本健康学会(評議員1987~)、日本公衆衛生学会
研究業績
(著書)
守山正樹:第2章-公衆衛生からみる人間の健康と環境.佐々木明子,井原一成編:新体系 看護学全書 健康支援と社会保障制度②公衆衛生学.33-82,メヂカルフレンド社,2016.

KamadaM & Moriyama M: Integration of communication in a game to reflect and discuss dietary habits among school aged children. Handbook of research on holistic perspectives in gamification for clinical practice. IGI Global, pp448-474, 2015.

守山正樹:触覚・体性感覚からのアプローチ.福島明子 編:感覚療法への招待,pp121-156,風間書房,2012.

Moriyama M: Sensory Awakening as a New Approach to Health Promotion. (Eds) Muto T, Nakahara T, Nam EW : Asian Perspectives and Evidence on Health Promotion and Education, Springer (New York), pp40-49, 2011.

守山正樹:ヘルスプロモーションの考え方.特定非営利活動法人日本健康教育士養成機構 編:新しい健康教育,pp22-27,保健同人社,2011.

守山正樹:高齢者の疫学と社会資源と医療資源.田村和夫,鍋島一樹,鈴宮淳司 編:老年腫瘍学,pp6-12,文光堂,2008.
研究業績
(論文)
守山正樹、伊藤恵子、鎌田幹夫、高橋恵子:触覚から生活や感情を振り返るリフレクションの演習方法の開発と試行. 感性と対話、1(2):7-22, 2018
https://narrativesenses.files.wordpress.com/2019/01/wpp07-moriyama-1.pdf, (参照 2019-01-07).

守山正樹:日々の感覚と対話からのネットジャーナル創刊は可能か?、感性と対話、1(1):3-12, 2018.
https://narrativesenses.files.wordpress.com/2018/06/wbl2018-wpp01-moriyama.pdf,(参照 2018-12-15).

守山正樹:現場の実践者が日々の体験をレポートに書く方法の開発:短歌をモデルにした試み.日本赤十字九州国際看護大学紀要,15:45-54,2016.

Matsuo F, Sato S, Moriyama M.: The effect of parents’ oral health behaviors on children and mutual communication. Pediatric Dental Journal, 26(3): 122-128, 2016.

Kamada K, Moriyama M, Iwai K.:A New Program for Healthy Eating Study Using a Card Game.Games for Health Journal, l2(1): 18-23, 2013.

守山正樹,他2名:イメージの二次元展開による災害被災下での生活経験の振り返り;2011.3.11.東日本大震災下での健康教育とヘルスプロモーションの可能性を探る試み.日本健康教育学会誌,19(3):239-255,2011.

永幡幸司,守山正樹,他3名:新潟県中越地震で被災した児童による避難生活で体験した出来事の評価. 厚生の指標,55(4):26-33,2008.

守山正樹,西原純:触覚を介した生活調査法の開発. 民族衛生,74(4):178-191,2008.

守山正樹,他3名:視覚障害の有無にかかわらず使用できる、触覚を用いた生活認識と健康教育の方法.日本眼科紀要,58(3):146-152,2007.

Moriyama M.:Development of Health Promotion Program through IUHPE: Possibilities of Collaboration in East Asia. Journal of Korean Society for Health Education and Promotion, 22(3): 97-107, 2005.
研究業績
(その他)
Moriyama, M. : Some experience of Japan in doctoral of nursing education: Quest of balanced research education in coming doctoral course. Paper presented at a conference on capacity and doctoral nursing education, at Nam Dinh University of Nursing, Vietnam. 1-11, 2018.

守山正樹:Apprenticeshipで学んだ公衆衛生学の今後.福岡大学医学紀要,43(2):131-135,2016.

守山正樹:触覚・体性感覚による私たちの周囲の世界の可視化と意識化.理学療法,29:73-88,2012.

守山正樹,他4名:視覚障害体験を通した障害過程の可視化・意識化(前編):失明から感覚の覚醒へ.理学療法,29:203-211,2012.

守山正樹:視覚障害体験を通した障害過程の可視化・意識化(後編):手引きと白杖で街を歩く.理学療法,29:315-324,2012.

守山正樹,他4名:聴覚障害体験、視覚と聴覚の重複障害体験からのコミュニケーションと存在の意識化.理学療法,29:433-445,2012.

守山正樹,他3名:触覚から生活を語り、生活の思考を可視化・可触化・バリアフリー化する.理学療法,29:555-570,2012.

守山正樹:自覚症状の可視化.理学療法,29:675-685,2012.

守山正樹:異文化の中での診断過程の可視化1:頭痛の場合.理学療法,29:786-794,2012.

守山正樹:異文化の中での診断過程の可視化2:バックペインの場合 .理学療法、29:901-908,2012.

守山正樹:行動連鎖の可視化(前編).理学療法,29:1031-1039,2012.

守山正樹:行動連鎖の可視化(後編).理学療法,29:1145-1155,2012.

守山正樹:アナログ画による感情と心の可視化.理学療法,29:1260-1270,2012.

守山正樹,他2名:感性・五感の可視化.理学療法,29:1391-1401,2012.

守山正樹:出発点としての手書き顔グラフ.理学療法,28:705-710,2011.

守山正樹:全体像の可視化―食のイメージマップ.理学療法,28:810-815,2011.

守山正樹:被災の影響下,流動する生活の全体像をイメージマップで可視化する.理学療法,28:921-929,2011.

守山正樹,他2名:判断の可視化―血圧・放射線の影響のイメージマップ.理学療法,28:1027-1039,2011.

守山正樹:環境観・世界観を可視化・言語化する問いかけWifyの開発.理学療法,28:1149-1160,2011.

守山正樹:Wifyによる精神性の言語化・意識化.理学療法,28:1264-1276,2011.

守山正樹:性・ジェンダー・思春期の可視化・言語化そして意識化.理学療法,28:1389-1401,2011.

守山正樹:生活と健康の可視化・言語化.理学療法,28:1505-1519,2011.

【学会発表等】
守山正樹:Galtonの著作における健康の位置づけの分析-民族衛生から健康への移行に関連して-. 第83回日本健康学会総会, 前橋市, 2018年11月23日.

Moriyama, M.: Arising awareness to self & others by asking WIFY. 2nd International Conference on Nursing, Pharmacy, Traditional Medicine and Healthcare Sciences, Osaka, September 28, 2018.

守山正樹:健康教育を再考する事例研究‗どこまでが健康教育か?. 第27回日本健康教育学会, 姫路市, 2018年7月7日.

守山正樹、他:ネパール歯科医療協力会こどものこころプロジェクト. 第29回歯科保健医療国際協議会総会, 福岡市, 2018年7月1日.
社会活動 NPO法人ウェルビーイング理事

NPO法人ウェルビーイング付属研究所主任研究員
国際活動 JICA地域保健向上のための保健人材強化・講師‘&ファシリテーター 2016~2018

ベトナム、ナムディン看護大学集中講義 2016~2018

IUHPE (International Union of Health Promotion and Education) /NPWP副会長 2010~2012

IUHPE/NPWP地域事務局長 2005~2009

IUHPEBoard of Trustee 2001~2006
その他 ホームページ
ユーチューブ